2011年2月1日火曜日

新しくなったホルメンコーレンジャンプ台

2月23日からいよいよホルメンコーレン地区でスキーの世界選手権が始まるオスロからです。
数年による取り壊し工事の後昨年春に斬新なデザインで新たにオープンしたホルメンコーレンジャンプ台に
先日初めて足を運びました。約1000トンの鉄で出来ているとは思えない程の軽やかなデザイン。
ジャンプ競技はもともとは相撲と同じで男性のみのスポーツ。その世界では珍しく女性ジャンパーも存在し、オープニングの時には女性ジャンパーを飛ばすべきだと、世界初めての女性ジャンパー Anette Sagenが飛びましたが、実はそれより一足先に男性ジャンパーが試験で飛んでいたという事実が
発覚し国中のスキャンダルとなりました。男女平等を重んじるノルウェーの女性の恨みは怖い!

             ジャンプ台とスキー博物館の入り口




               ジャンプ台からの眺め
           (天気がよい時にはオスロ市内を遠くに見ることができます。)



         このスキージャンプ台の中はエレベーターがあり約数分で上り降りができます。



スキージャンプ台の麓にはノルウェーならではのスキーミュージアムというものもあり、ここではノルウェー人とスキーの関係、そして数百年前のスキーからオリンピック選手が実際に使用していたスキーを見ることができます。 

             ノルウェー人はスキー板を着けて生まれてきたという程上手
             シーズンになると子供が楽しんですべっている姿をよく見かけます。                           
オスロにいらっしゃった時には是非ホルメンコーレンに足を伸ばしてみてください。
  
ホルメンコーレンジャンプ台 外部リンクへ

0 件のコメント:

コメントを投稿