2011年5月20日金曜日

モッツァレラ工場とカゼルタ王宮

みなさんこんにちは。JTBローマです。ローマでは月曜日から寒さがぶり返して、あわててジャケットを引っ張り出したのですが、やっと気温が戻ってきました。

先週の日曜日、ローマ日本人会の遠足で、モッツァレラ工場とカゼルタ王宮の見学をしてきました。

モッツァレラ工場は、ローマからナポリに向かって車でおよそ2時間の、カプアという街にある「CASEIFICIO RUSSO ANGELO」。個人の観光客の方には、ちょっと行きにくいのですが、地元では知る人ぞ知る、有名なモッツァレラ工場&ショップです。私たちが訪問した日も、大型バスで買い物に来ているグループがいました。

今回は特別に、普段は見せてもらえない工場を見学させてもらうことができました。もくもくとモッツァレラチーズを成形する職人のみなさん。ぬるぬるの床で滑らないように注意しながら、職人さんが指の間からモッツアレラを搾り出す行程を見学させていただきました。



そして、オーナーのはからいで、これもまた特別に、できたてモッツァレラの試食が。たったいま形作られたばっかりの「ボッコンチーニ」(一口大)と呼ばれるモッツァレラ をいただきました。でも、とても一口では食べられない大きさです。思ったより弾力があり、みなさん「おいしい!」と感激してました。

残念ながら、通常は工場の見学や試食の提供はされておりませんので、CASEIFICIO RUSSO ANGELOに行かれたい方はご注意ください。

同工場直営のお店で、お土産のチーズを買ったら、カゼルタへ。

カゼルタ王宮は、1752年にナポリ王カルロ7世(後のスペイン王カルロス3世)が、フランスのベルサイユ宮殿を理想として建てた宮殿で、1997年、UNESCO世界遺産に登録されています。
心配されたお天気も持ち直し、宮殿内と壮大な庭園を散策しました。

イタリア旅行を計画中のみなさん、ナポリから少し足を延ばせるようでしたら、ぜひカゼルタ王宮を訪れてみてください。
そして、おいしいモッツァレラを食べるのをお忘れなく!

0 件のコメント:

コメントを投稿