2012年2月15日水曜日

ガイドブックには載っていないデンマークの楽しみ方

今回のブログは日中最高気温が-6.8度と、聞くからに寒そうな、まだまだ冬真っ只中のデンマークからお届けします!今年は最低気温の記録を25年ぶりに観測したそうです。

デンマーク旅行へいらっしゃる日本人の皆さんの中ではチボリ公園、人魚姫、クロンボー城等々がメジャーな観光地かと思いますが、今日は少し変わったこの国の楽しみ方をご紹介しましょう。


まず始めにDSB 24timers billet(注1 24時間乗り物フリーパス)を購入し向かった先は、コペンハーゲン郊外に建つオードロップゴー美術館(Ordrupgaard Museum)。
市内から赤の電車S-TOGと黄色いバスを乗り継ぐこと約40分。閑静な住宅街を抜けると自然の中に現れる建物は、元々、あるデンマーク人夫妻の私邸で、外見は一瞬美術館?と疑うくらい素朴で少し小さめな洋館。隣の新館は建築の世界では有名なザハ・ハディッド設計で、館内のカフェから眺める自然はティータイムと共に心を安らげてくれます。
展示絵画は19世紀デンマーク、フランス印象派等を中心に常設、その他特別展示もあります。

日本にもファンが多い、著名家具デザイナー&建築家のフィンユール自邸も隣接されていて、日曜日と祝日のみですが公開されています!今年は彼の生誕100周年記念の年でもあります。

    




オードロップゴー美術館を後にし、次はオーレスン海峡を臨む沿岸の高台にあるルイジアナ ミュージアム(Louisiana Museum of Modern Art)へ。
筆者が訪れたのは突風が吹き、波際が白く細かい氷で覆われてしまう程の冬日、、、かもめも夏であれば優雅に空中散歩していただろうに、冷えた?足を交互に体に寄せ温めつつ、レストラン客に餌をねだる光景も。 





そんな寒さと歩き疲れた身体をほぐしてくれた宿はこちら、Comwell Borupgaard(注2
会議や研修施設センター、SPA ホテルとしても有名で、デンマーク全土及びスウェーデンのスコーネ地方にHOTELを構えています。
サルトサウナ、スチームサウナ、リラックスサウナ、プール、屋内外のジャグジーがあり、もちろん種類豊富なマッサージも予約可能。







週末を使ったたった12日(本当に24時間!)の旅ですが芸術に触れ、自然に癒されSPAでリラックス! こんなのんびりとした贅沢な時間を、デンマークで試してみませんか???
ちなみに今回のコペンハーゲン市内から2つのミュージアム訪問、スパホテル、翌日の帰りの電車まで、24時間チケットで交通費をカバー出来ました!


 
コペンハーゲンからクロンボー城のあるヘルシンゴー(Helsingør)までの電車路線近くには上記述以外にも数々のミュージアムがあるので、自分のお気に入りを探してもいいかもしれません ^^

注1:  DSB 24timers billet (130DKK/2012年2月現在
コペンハーゲン都市圏内のバス・電車・メトロが24時間乗り放題になるチケット
https://www.dsb.dk/find-og-kob/indland/kob-produkter/hovedstadsomradet/24-timers-billet/?Secure=true

ミュージアムをもっと堪能したい!方にはCopenhagen Card229DKK)がお勧め。コペンハーゲン都市圏内の乗り物乗り放題の他に多数ミュージアムの無料入場券が付いています。

0 件のコメント:

コメントを投稿