2013年12月13日金曜日

バルセロナからフランスへ新幹線運転開始 (12月15日~)





12月15日から運転開始するバルセロナからフランスへの新幹線(AVE)に試乗してきました。

(Perpignanに着いた時の写真)


















試乗したのはバルセロナサンツ駅からペルピニャン駅まで約1時間半。

ちなみに、バルセロナサンツからトゥールーズ(Toulouse)までは約3時間。
パリまでは約6時間半。リヨンまでは約5時間。
パリまでは1日2便ありますが、他は1日1便です。

そして、マドリードからマルセイユまでは約7時間で1日1便となります。

行きはバルセロナ発だったので車内はとても綺麗。

一等席と二等席の違いはさほど気になりませんでした。
    



 一等席は座席を少し寝かせる事が出来ますし座席間も多少広いですが、
                    







                 
           二等席でも充分快適です。

座席は機内に居るような感じで、テレビでスペインのドラマ?
が見れますし音楽も聴けます。



座席上には小さな電球が有り自分でON/OFF出来るしコート掛けも有り。


 



座席横にコンセント口があるので携帯の充電が出来て便利です。

あと、座席下に引き出し式の小さなゴミ箱が付いていました。
     






食堂車もありますが、日本の新幹線のように車内販売もあります。




そして全てのトイレに赤ちゃんのオムツ交換台がきちんと設置されておりました。


ペルピニャン駅に10分程遅れて到着。ペルピニャン駅で待つ事15分。
バルセロナへ戻るためパリからの2階立て特急列車(Duplex Dasye)へ搭乗。

 

       
              

行きのAVEとは違いテレビも音楽も聴けませんが、
コンセント口と小さなゴミ箱は同じようにありました。


                                

(1等席)
(2等席)
食堂車もありますが、車内販売はありません。
飲食代はフランス人向けなので行きより若干高めの金額設定でした。

そしてトイレにオムツ交換台はありませんでした。
(主婦視点(笑))








座席上の棚が
非常に小さいのが気になりました。





私はAVEの方が快適に感じましたが、
バルセロナ発で搭乗者の居ない新しい列車だったからでしょうか。

只、双方の列車に英語の車内アナウンスが無いのは少し残念に思いました。
(アナウンスはスペイン語・カタラン語・フランス語だけでした。)

マドリード/バルセロナからフランスまでの新幹線がついに開始致しましたので、
ぜひ御利用下さいませ!

(バルセロナ支店C) 










0 件のコメント:

コメントを投稿