2014年7月28日月曜日

涼を求めてマッジョーレ湖へ

こんにちは、ミラノデスクです。
こちらもいよいよ夏本番!!!と書きたいところですが、
6月に一週間猛暑に襲われたのと、先週ちょっと暑かったかな?という時を除いて、
今シーズンのミラノはかなり雨が多く、
バカンス命!のイタリア人も、なんだか意気込みがやや低めの様子。

とはいえ季節は夏、水辺と涼を求めてミラノから気軽に行ける所ということで、
今回はマッジョーレ湖を紹介させて頂きます。

ミラノから、目指すはマッジョーレ湖の玄関口、ストレーザ(STRESA)へ。
国際列車ユーロシティ(Eurocity)で55分、案外ご近所です。
電車を降りなければ、そのままスイスまで行けます
駅を降りて坂道を下れば、そこはもう湖。
高級ホテルが立ち並ぶ湖畔沿いの散策もいいのですが、
マッジョーレ湖でのお楽しみは、なんといっても島巡り。
Grand Des Iles BorromeesやHotel Regina Palaceなどの高級ホテルが立ち並ぶ湖畔
湖に浮かぶ島々はボッローメオ諸島と呼ばれる、ストレーザから遊覧船で行けます。
その中でも、最大の見どころはベッラ島(Isola Bella)、直訳して「美しい島」。

ボートで近づくと、不思議な景観が見えてきます
ボッロメオ伯爵が建てた美しい宮殿と、階段状のバロック庭園を見学できます。
お天気がよければまずは庭園へ
イタリアバロック建築の傑作といわれています

このベッラ島の庭園、かなり広いです。
観光船の時間も気になるかと思いますが、日が長い夏の時期だからこそ、
季節の花々、美しく刈り込まれた植物を楽しみながら、ゆっくり散策がお勧め。



そんな皆さんを温かく迎えてくれる、ベッラ島の名物が彼ら。


ベッラ島名物のクジャク(イタリア語でPavone)。
白いクジャク、というのはかなり珍しいのか、特に家族連れに大人気です。
人に慣れているので、至近距離で写真が撮れます

羽を広げた姿は壮観
ひとしきり庭園の散策を楽しんだら、宮殿の中へ。
落ち着いた色合いの部屋もあれば

貝殻で装飾された洞窟もあります
時間があれば、まっすぐストレーザに戻らずに、ゆっくり湖での遊覧を楽しんで下さいね。


ミラノからの日帰り湖、というと、圧倒的にコモ湖が有名ですが、
自然を味わうなら、断然マッジョーレ湖がお勧めです。

ストレーザ行きの電車チケット手配、遊覧船のスケジュールなどは、
お気軽に私達にご相談くださいね。

ミラノ支店N

0 件のコメント:

コメントを投稿