2011年11月21日月曜日

ドイツの3大クリスマスマーケット

こんにちは。JTBフランクフルト支店です。
日に日に寒くなる今日この頃。いよいよ寒い冬が始まります。
そんな寒さを吹き飛ばす楽しいイベントがもうすぐ始まります。

ドイツが最も美しく輝く季節、クリスマスシーズン11月末より始まります。
日本人にとってのお正月のように、ドイツ人にとって1年で最も重要な歳時がクリスマスシーズン。
中でも1225日のクリスマスまでの4週間をアドベント(待降節)といい、この1ヵ月間、各都市でクリスマスマーケットが開かれます。

この時期は、街の至る所で、木でできた屋台が所狭しと組まれ、クリスマスを彩る飾りやオーナメントを始め、木工、民芸品などが並べられます。上を見上げればツリーやイルミネーションの幻想的な世界が広がり、またその周りでは寒い冬にはもってこいのホットワイン、甘いお菓子やソーセージなど、美味しい匂いが漂い、外でこのクリスマスの雰囲気を楽しまずにはいられなくなるのがドイツのクリスマスマーケット。この期間中は世界中から沢山の観光客もドイツに訪れ、クリスマスマーケットを楽しんでいます。





そこで、是非ドイツのクリスマスマーケットを訪れてみたいと思っても、どこに行ったらいいかわからないという方のために、お勧めクリスマスマーケットをご紹介します。

『ドイツ3大クリスマスマーケット』

世界最古のクリスマスマーケット:ドレスデン
ドイツで最も歴史の長いクリスマスマーケットのあるドレスデン。「シュトリーツェルマルクト(Striezelmarkt)」と呼ばれるクリスマスマーケットは、1434年以来の歴史を誇り、ギネスブックにも登録されている世界一大きい、高さ14mのクリスマスピラミッドがそびえています。
毎年第二アドヴェントの直前の土曜日に行われるシュトレン祭りでは、4トンの重さのシュトレンがツヴィンガー宮殿からフラウエン教会を通り、シュトリーツェルマルクトまでパレードし、広場でカットされみんなに配られます。

開催期間:20111124日~20111224
開催時間:日~木-11:00 - 20:00
           
金、土 -10:00 - 21:00
           
1224日:10:00 - 14:00
開催場所:シュトリーツェルマルクト(Striezelmarkt


世界一有名なクリスマスマーケット:ニュルンベルグ

世界的にも有名なニュルンベルグのクリスマスマーケットは、旧市街の中央広場で開催されます。
クリスマスマーケット「クリストキンドレスマルクト」の開幕宣言は「幼児天使クリストキンドル」が行います。
中央広場は各地から訪れる人々でにぎわい、甘いレープクーヘンやニュルンベルク名物のニュルンベルガーソーセージが楽しめます。
特にお薦めなのは、子供クリスマス市のたつハンス・ザックス広場とカタリーネン僧院の星の家では、蒸気メリーゴーランドや観覧車、機関車の登場です。

開催期間:20111125日~20111224
開催時間:月~木-09:30 - 20:00
       金~土-09:30 - 22:00
       日-10:30 - 20:00
開催場所:旧市街のハウプトマルクト


  世界最大のクリスマスマーケット:シュトゥットガルト
270店以上もの美しく飾られた屋台が並ぶ、大規模のシュトゥットガルトクリスマスマーケット。
このクリスマスマーケットの最大の特徴は、各店が天使の人形や、サンタクロースなどのクリスマスオーナメントが木製の小屋を飾り、各店のディスプレイの競演は他のクリスマスマーケットに類をみません。
毎年、イルミネーションによって、旧宮殿から、シュティフト教会、新宮殿のバロック庭園、そして歴史的なシラー広場までが美しく輝きを放ちクリスマスの雰囲気を盛り上げています。

開催期間:20111123日~20111223
開催時間:月~土-10:00 - 21:00
                 
- 11:00 - 21:00
開催場所:マルクト広場とシラー広場


クリスマスマーケットは1ヶ月間行われているので、今年は、ドイツのクリスマスマーケットにも参加してみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿