2012年6月18日月曜日

スペインワインツアーレポート その1 ホテル編



オラ!すっかりスペインワインのとりこになった北欧在住Sです。

今回は6月2日(土)~3日(日)に行われたスペインワインツアー、

『葡萄畑に囲まれた癒しのラグジュアリーツアー
~スペインワインの名産地Toroの隠れ家的5つ星ホテルにて
ワインとSPAでリラックスプラン』

のご報告をします! スケジュールは、

<6月2日(土)>

08:30h マドリッド(Plaza de Cuzco)からToroに向けて出発!
   (途中サービスエリアで20分休憩)
11:30h Valbusenda Hotel Resort & Spa到着 チェックイン

12:00h ホテルワインセラー見学
13:30h ホテルレストランにてワインの試飲および昼食
    (メニューはこの記事の後半に写真付きで掲載)

昼食後 夕食まで自由行動

20:00h Toro市内のレストランAzaharへ移動

20:30h レストランにて夕食
   ☆☆メニュー☆☆
   アペリティブ フォアとかりんのロール
   前菜 サラダ
   メイン タラリオハ風
   デザート 各自チョイス
   飲み物 自家製赤ワイン、コーヒー、リキュール
22:30-23:00h ホテルへ



<6月3日(日)>

   朝食
10:00h チェックアウト 
10:15h Toroへ移動 散策および観光
   闘牛場、Colegiata de Santa Maria La Mayor
13:00h Museo del Vino(試飲・ワイン直売)で休憩
13:30h ワインセラーBodega Divina Proporcionへ移動
   見学と試飲
14:15h 昼食
   ☆☆メニュー☆☆
   前菜 サモラ風ライス、メネストラとポテト和え
   メイン 牛の煮込み
   デザート ティラミスアイスクリーム添え
   飲み物 自家製ワイン(CrianzaとJoven飲み放題)、
   ミネラルウォーター、コーヒー、リキュール 
16:30h マドリッドへ向けて出発
   (途中サービスエリアで20分休憩)
20:00h マドリッド到着(Plaza de Cuzco)
解散



添乗員を含め総勢12名と、程よくまとまれる人数で和気あいあいとして楽しいツアーでした。
美味しいワインと食事のせいで、2日間で3キロ太った!という苦情があったとかなかったとか・・・・。


まずはこのツアーの最大の売りであるラグジュアリーホテル、Valbusenda Hotel Resort&SPAについて。
ひとこと、いいホテルです。行く価値ありです。(5月14日のブログ記事参照)


入り口 ここから数百m上ったところに、
右にワイナリー、左にホテルの建物があります


Toroの街から数キロ離れた畑の中に突然現れる超近代的な建物。あまりのギャップの大きさに一瞬たじろぎます。


窓一面の田園風景が楽しめるラウンジ



内装も超モダン。でも居心地の悪さを感じさせない、暖かい雰囲気があります。


部屋はさらに快適で、バスローブとスリッパ備え付け、ミニバーにはフルボトルのワイン、応接セットのテーブルにはフレッシュフルーツと5つ星ホテルならではのVIP気分が味わえます。 

バスルーム側から
寝室を見るとこんな感じ




寝室とバスルームの壁がガラスなのを見た時には、ちょっとむむむ・・・となりましたが(ブラインドで目隠しはできます)、開放感は満点です。











同じ敷地内にあるワイナリーも、最新技術を使った設備で、クオリティーの高いワインを醸造しています。

ワイナリーは2008年オープン、ホテルはその2年後の2010年夏にオープンしたばかりと、新しくてピカピカです。



新しいワイナリーといっても、クオリティーは世界基準。ここのワイナリーで作っている5種類のワインのうち(うち1種類は、白・ロゼ・赤があるので、全部で7種類)、すでに2種類が、ワインコンテストで優勝しています。





ワインの話は後日ということで、もうひとつのホテルの目玉、SPAをご紹介しましょう。


1日目の午後、ワインテースティングとランチでいい気分になったところで、午後はSPAでのんびりしました。設備とサービスはこの地方ではもちろん一番、こんな辺鄙なところには似つかわしくない充実ぶりです。
打たせ湯、ジャグージ、冷水プール、縦長で泳げるプールは、ひとつひとつは大きくないものの、いろいろ楽しめ、順々に回っているとあっという間に時間が経ってしまいます。


そして、壁側にはサウナコーナー。手前から、ぬるめのサウナ、普通のサウナ、スチームバス、シャワー(シャワーもいろいろな種類があります。なかでも面白いのはバケツの水をひっくり返すシャワー)、再度ぬるめのサウナ、暖かい石でできたベッドと、こちらも順番に次々試せます。





←ちょうど水が落ちてくる真下にいるのはなかなか難しいです。


ほんわり暖かいタイルの→
ベッド



エステやマッサージも充実しています。

マッサージルームは明るく、壁一面の窓から見える広々とした田園風景は開放的、エステシャンは親切、とリラックスした時間を過ごせました。エステシャンの数は多くないので、もしマッサージやエステが希望なら事前予約をお勧めします!
マドリッドの方が安い、との声もありましたが、この贅沢気分が味わえてこの値段なら満足です。(ホテル宿泊客にはエステ割引券=20%オフ=がもれなく付きます!)

(注)スパには13歳未満のお子様は入場できません。近いうちに年齢制限が引き上げられる可能性もあります。詳細は予約時にお問い合わせ下さい。

最後にレストラン。これも文句なし!
初日のランチメニューは、


☆アペリティフ☆
マグロのたたき、パルメザンチーズ乗せ

☆前菜☆
きのこのパイ

*注1
(写真左)
空腹のあまり、写真を撮る前に
半分食べてしまいました!失礼!
 

☆メイン☆
子豚のロースト
 
デザート☆
ベリージュースレモンシャーベット添え


*注2
(写真左) 
ひづめと
しっぽ付きです! 







☆飲み物 
自家製ワイン、コーヒー、ミネラルウォーター


でした。ワインも美味しかったのですが、マグロ(これはホテルからのサービス!)もきのこのパイもおいしく、子豚が出てくるころにはかなり満腹・・・・味見程度で終わってしまいました。胃袋がもうひとつあれば・・・。

朝食も充実です。



クロワッサンなどパン類もおいしく(スペインではパンに期待しないだけにこれは驚き)、卵を使ったメニューはわざわざオーダーを取って作ってくれる贅沢。私は食べませんでしたが、生ハムも絶品だったそうです。前日の夕食がもっと軽くてもっと早い時間だったら、全部試せたのに・・・・。残念です。





というわけで、このホテルチョイスは大正解でした。ありがとうKさん!
マドリッドから車で2時間半と決して近いところではありませんが、機会があれば、ぜひぜひ行ってほしい、そして泊まってほしいホテルのひとつです。

ご予約は、JTBマドリッド支店もしくは最寄のJTBヨーロッパ各支店まで!

(ストックホルム支店S 監修マドリッド支店K)

0 件のコメント:

コメントを投稿