2011年12月12日月曜日

プラハのクリスマス

例年になく暖かく、未だ初雪どころか水溜りに氷さえみられないプラハですが、
クリスマスの飾りは例年以上に派手やかです。
プラハ・オフィスの窓から旧市街広場の天使の飾りも見れます。
オフィスからの眺め

ここから旧市街広場に入るとティーン教会とその前のクリスマス市場が開けてきます。

聖ミクラーシュ教会前の天使



広場の中心へ進むと、途中で左手にプラハのシャンゼリゼ通り(ブティック街)・パリ通り
の飾りが見られます。
カルティエ、ヴィトン、ヘルメスなどが集まるパリ通り
毎年チェコ国内から最も立派なツリーが選ばれ、プラハに運ばれます。
今年は個人の庭に植えてあった長さ29メートル、樹齢70年の木が選ばれました。
ティーン教会前のクリスマスツリー
プラハ、特に旧市街の街並みは街灯の灯りが少なく、年中を通して古き良き中世ヨーロッパの
雰囲気を楽しめますが、この暗さがクリスマスの電飾をより鮮やかにしています。
残念ながら写真ではその鮮やかさを伝えることができませんので、是非、プラハに来てご自身の
目で楽しんでください。

普通のクリスマスの飾りに限らず、街中の店も綺麗な飾りをしています。
例えば、このショーウィンドーはどこだと思いますか?

天使のディスプレー

この天使のディスプレーを探しに、プラハへ来てください!

0 件のコメント:

コメントを投稿