2011年12月26日月曜日

オスロの12月

夏の観光地として人気のある北欧ですが、冬も実はお勧めです。

11月は日照時間も短くなんとなく南国の風を恋しくなる時ですが、12月に入ると街中クリスマスイルミネーションが寒く暗いノルウェーの冬を一揆に明るくしてくれます。

いつもは日曜日休業のお店、ショッピングモールも12月だけはしっかり日曜営業をしているので
観光の合間にゆっくりお買い物も楽しめます。

 今回はオスロから遠出をすることなく気軽に楽しめるクリスマスマーケットを2箇所をご紹介します。


1. Bærums Verk (バールムス バルク)

オスロバスターミナルよりバスで約1時間程の山間にあります。

普段はオリジナルのガラス細工、籠細工、パッチワークの工程を見て楽しんで買うことが出来る小さな工房村で

11月の最終の週末、12月の最初の週末にかけてクリスマスマーケットが開かれます。


同時に同地で平行して行われるオスロを含むノルウェー南東地区の農家の人達が自らの自慢のオリジナル商品を売るマーケット

Bondens Market(農夫市場)も人気があります。

主にチーズ、サラミ、トナカイの肉、鹿の肉、スモークサーモン、燻製のお魚、蜂蜜、ジャムがよく売られてます。

                                                   ノルウェーのサンタクロース" Fjøs Nisse"


 トナカイのそりは毎年、子供に大人気

Bærum Verk のウェブサイトはこちら
http://www.baerumsverk.no/


2. Norsk Folkemuseet  ノルウェー民族博物村


オスロ市内からバスで10分ほどのBygdøy(ビグドイ)地区にある、ノルウェー各地からの数百年前の建物を集めた民族村です。

サンタクロース出発準備中。。

 建物全ての中に入ることは出来ませんが、建物により中に当時の衣装を身に着けた案内人がその当時の人々の生活や展示されている台所用品などを丁寧に説明をしてくれます。


数百年前に使われていたバターの入れ物(右)



この民族村で12月の最初の2週末に毎年クリスマスマーケットが行われます。このマーケットは観光客をはじめ普段民族村などまったく来る機会のない地元の人にも気軽に非日常的な空間を経験できるということで、とても人気があり、道中向かうバスは大混雑しているのは勿論、チケットブースでもかなり並びますが、一度入場するとけっこう一日楽しめるのでお勧めです。
ノルウェーではクリスマスになると家庭や学校、さまざまな場所で香ばしいクリスマスクッキー"Pepperkaker"を焼きます。なかにはクッキーで家まで作っちゃいます。


民族博物館のウェブサイトはこちら

クリスマスマーケットは終わってしまいましtが、クリスマスデコレーションは1月の最初の週まで飾られていますので、まだしばらくはクリスマス気分が楽しめます。

来年はぜひノルウェーのクリスマスマーケットにお越し下さい!

(オスロ支店Y)

0 件のコメント:

コメントを投稿