2012年8月13日月曜日

シャフベルク登山鉄道~ザルツカンマーグート~

夏休みシーズン真っ最中のザルツカンマーグートに行ってきました。
美しい湖、切り立った山、かわいらしい村・・・と見どころ満載ですが、何といってもハイライトはシャフベルク登山鉄道!

フェリー乗り場の看板


ザルツブルク駅のポストバス




ザルツブルクからPostbusでザンクトギルゲン(St. Gilgen)まで約50分。


ウォルフガンク湖のフェリー








フェリーに乗り換えてザンクトウォルフガング・シャフベルク登山鉄道(St. Wolfgang Schafbergsbahn)で下船(乗船時間約35分)。





フェリーを降りるとすぐ目の前が登山鉄道乗り場です。








チケットを買ったら空いているコンパートメントに乗り込んで下さい。(チケットは列車の時間指定なので、違う列車に乗らないように注意!)
進行方向に向かって左側の窓側が眺めがいいです。(右側は最後の5分ぐらいだけ視界が開けます)



 
   
機関車が一番後ろです


蒸気機関車の形の車両が、客車を後ろから押し上げます。



一番うしろの客車から見るとこんな感じ
後ろに機関車が見えます















他にもディーゼル車や、機関車と客車一体型の車両もあります。

ディーゼル車

一体型














この期間、石炭で走るレトロ機関車も1日1往復だけ走ります。
(登り11:50発、下り14:45発。2012年7月7日~9月2日)

出発に備え石炭を積んでいます



最初は森の中



湖のほとりを出発した電車は、森の木々の間をずんずん登っていきます。

 
いきなり見晴らしがよくなります









森が切れると、湖面が遥か下に望めます。思わず歓声。いっせいにカメラのシャッターが切られます。


途中の駅付近




 途中にSchafbergalmという駅があります。ここで降りてハイキングを楽しむこともできます。牛が寝そべるのどかな風景が広がっています。


周りの山が低く見えます








機関車はさらに山頂を目指します。周りの山々の頂上までが下に見えてきます。

 
山頂駅到着!





湖のほとりから約35分、風景に見とれている間に山頂駅(Schafbergspitze)に到着です。(山頂1783m)







機関車はしばらく停車しているので、まずは下りの列車を予約して下さい(必須・無料)。階段を登ったところにある小さな窓口です。希望の列車の席が取れたら、人がいなくなったところで、山頂駅に停まる機関車の撮影。背景が素晴らしいです。




後ろに見えるのが山頂駅の建物




駅からさらに歩いて頂上に登ると、そこにはまた別の風景が!山の向こう側のモントゼー湖が望めます。










山の向こう側のモントゼー湖

崖っぷちを歩けます。よおく見ると人影が・・・。

切り立った峰を歩いて隣の山頂に行くコースもあるようです。私は高所恐怖症ではありませんが、あそこを歩いている時に突風に煽られて崖側に落ちたら、と想像しただけで怖くなります。


山頂にはレストランや休憩室があるので、散歩したり、食事したりで1日ゆっくり過ごすこともできます。なんとここには、ホテルまであるそうです!(5月から10月の期間のみ営業)夕焼けや日の出の風景はさぞや素晴らしいことでしょう。夏休み期間、特別ムーンライトトレイン(登り18時発、下り22:30発)というのもあるそうです。(通常は下り17:15発が最終)

 
がらがらなので、こんなことをしても
迷惑になりません


下りを12時前の電車にすると、車内はこの通りがらがら。コンパートメントを独り占めして、右に左に移動して写真を撮りまくり、窓を独占することもできます。

 
登り電車接近中









ここで盛り上がったのが、登り機関車とすれ違う瞬間です。レールはもちろん単線。数箇所に設けられた待避所で、登りの機関車を待ちます。空いていたおかげで、思う存分撮影できました!





楽しい時間はあっという間に過ぎ、駅に到着。鉄っちゃんじゃなくても興奮する小旅行でした。

皆さんもザルツカンマーグートに行ったら是非乗車してみて下さい!

(ストックホルム支店S)

参照:
シャフベルク登山鉄道のホームページはこちら(ドイツ語。英語版はデジタルパンフレットのみ。Foto&Videoは必見!)。
オーストリア政府観光局ウェブサイトのザルツカンマーグートのページはこちら(日本語)。

0 件のコメント:

コメントを投稿