2012年12月31日月曜日

マドリッド支店からフレンチ バスク地方のご案内です。

今回はスペインとフランスにまたがるバスク地方のフランス側にあるビアッリッツとサンジャンデルースというところに行ってきました。スペインとフランスの国境はシェンゲン協定のためパスポートチェックもなく簡単にパス。スペイン・フランス国境から30分くらいのドライブでビアリッツに到着します。ビアリッツは海辺にある風光明媚なリゾート都市です。

まずはビアリッツへ 海岸の目の前にあるプロムナード

正面はカジノの建物

  


カラフルな風除け、日除け



広いビーチの前にあるホテルやリゾートマンション




町の中央にある広場にはレストランやカフェがたくさんあります。カフェオレとクロアッサンでの朝食はフランスにいることを実感できます。

カジノ




ビアリッツから30分程度のドライブでもうひとつの小さな町サンジャンデルース
Saint-jean-de-luzをご紹介します。フランス語読みですとサン=ジャン=ド=リュズ 、ここはまだフランスですがスペイン国境から車で10分程度で到着できます。小さなお店、レストラン、カフェなどがずらりと並ぶ小さな街です。


歩行者天国の長いショッピング通り



バスク風家はスペインバスクと共通


日本風に数えれば5階もある大型ハウス














長いショッピングストリートを抜けると市役所のある広場へ到着します。広場に面したテラスには人がいっぱいです。
この町の特産品でもあるピミエントを装飾にしたお店メゾン アダムにびっくり。
1660年に創立とはまたびっくり。




下から見るとこんな感じです。












撮影は2012年9月初旬でしたのでテラスで昼食













広いビーチ



花の装飾がきれいな家




 ケーキ屋さんの品揃え、おいしそう。



日本の餡ドーナツのような揚げパン。





ピミエントのプランタ


フレンチバスク、スペインバスクともに美食で有名な場所です。ぜひ一度お訪ねください。詳細は JTB スペインへお問い合わせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿