2013年6月10日月曜日

ぐるぐる巡る リオハのワイナリーとサンセバスチャンのバル



marques de riscal
 今回は、バルセロナから週末+1日のお休みで行った、なんとも食い(+飲み)道楽な
2泊3日旅行のご報告です。

最初の目的地はリオハ
スペインワインといえばまずリオハの名前が挙がるほど、
良質なワインを生産することで有名な地域です。

バルセロナからまず列車に乗って、リオハ州の州都ログローニョへ。
この日はちょっと贅沢して、ログローニョの駅から、
ランチとワイナリー見学の予約のあるELCIEGO→その後、
ワイナリーのたくさんあるHAROの町まで車をチャーターして移動しました。


車でエルシエゴに近づくと、のんびりとした田舎の風景に急に一番上の写真のような
奇抜な建物が見えてきます。
この建物、写真を見て以来、ずっと以前から実物を見てみたかったのですが、
FRANK O GEHRYという有名な建築家の建物で、中は5ツ星のホテルです。
この建物を中心にマルケスデリスカルのワイナリーやワイン畑があります。
ホテルにはワイントリートメントの受けられるスパなどもあり一大ワインリゾートの
様相です。


エルシエゴのマルケスデリスカルに到着後まずは最初にワイナリー見学。



ここで寝かされておいしくなるワイン
見る見るうちに包装されて箱詰めされていきます

ワインの造り方や設備に関しての説明をしてもらい、
瓶にラベルを貼る機械などもあって、大人の社会見学です。


 そして見学後にはお待ちかねの試飲。2種類のワインをテースティングします。




そしてその後は、本日のメインイベント、楽しみにしていた、
マルケスデリスカルのホテル内にあるミシュラン1ツ星のレストランでの昼食です。
もちろんこのレストランは、あの奇抜な建物の中にあります。

本日のメニューは。。
アペリティボのスナック
ブドウでできた?リオハのキャビアとフォアグラ

海老のカルパッチョ

プリプリの伊勢海老

お出汁のきいたお米料理

メインのお魚(お肉も選べます。)

そしてこの後デザートが続き。。。
スペイン時間で時が流れて、お昼を食べ終わったのは夕方5時。。。
そこから車で本日の宿泊地HAROまで移動します。

今日のお宿はHARO の街中にある HOTEL LOS AUGUSTINOSです。
パラドールではないのですが、昔の修道院を改装してホテルにした
とても雰囲気のある建物です。
hotel los augustinosの外観



そして少し休憩した後、HAROの町を散策。
スペインの田舎によくあるのですが。。中世というより、昭和で時が止まっています。。
HAROの街並

レトロさがとても気になるアイス屋さん

こういうレトロな雰囲気、たまりません。。。
お店も街並もなんともいい感じにひなびていて、うろうろしてるだけで楽しいです。
町中にはさすがにワイン屋さんもいっぱい。物欲しげに物色していると、
ワインを試飲させてくれたりもします。
試飲におつまみまで付いてくるサービス満点のワインやさん


HAROは小さな町ですが、スペインの他の例にもれず、
食事をするところはレストランからバルまで事欠きません。
サンセバスチャンまで待てずに、この日の晩はHAROのバルのはしごで
更けて行きました。


*****
翌日は朝から、2軒予約をしてあったワイナリーを見学します。
まずはmuga




その次はroda









初日と併せて今回は3軒のワイナリーを見学したのですが、
さすがに3回説明を聞くと、ワインの造り方にも多少は詳しくなってきます。
(そうはいっても、やっぱり楽しいのはどちらかといえば、その後のテースティングです。
ここだけの話。。。)





どこのワイナリーでも、見学時にそのワイナリーのワイン作りへのこだわりに関しての
説明があったのですが、それを聞いた後に飲むワインは、ちゃんとそのポリシーがワインの味に
反映されているような気がして(気のせい?)、ワインの奥深さを感じます。

リオハのワイナリーは、今回見学したワイナリー以外にも、個性的な建物のワイナリーも
たくさんあるので、建築として見るのも面白いと思います。車がないとアクセスしづらい
ワイナリーも多いのですが、ここHARO は本数はそう多くないもののバス/電車などでも
アクセスできるので、車がない方は、HAROをベースにボデガ(ワイナリー)巡りが
いいかもしれませんね。

リオハには本当に数え切れないほどのワイナリーがあるので、
別の機会にもっともっと見て(飲んで?)みたいです!
やっぱりワインは地元産よね~。となんとなくですがカタルーニャのワインびいきだった
ワタクシもこの旅行を境にすっかりリオハワインのファンになりました。



そしてこの日はこの後HAROからビトリアに移動しそこから電車に乗って
第2の目的地サンセバスチャンへ。
このブログでもかなり何回も登場しているサンセバスチャン。。
とくにわたしのような食いしん坊には、たまらない町です!

全部はご紹介できないものの、今回はしごしたバルのピンチョスやタパス達。。
(1泊2日、夕食+昼食で7軒のバルをはしごしました!)


かにのタルト@ganbara

うにグラタン風@zeruko

素材勝負の海老のピンチョ@goiz-argi

ホタテが絶品@ la cuchara de san telmo

いわしのピンチョス@bergara



サンセバスチャンは本当に。。何回来ても楽しいです~!

バル巡りもさることながら、きれいなビーチ、瀟洒な街並ももちろん見逃せません!
                      ↓


そして後ろ髪をひかれながら、サンセバスチャンにさようなら。。。
サンセバスチャンの空港から飛行機でバルセロナへ!

ということで、2泊3日ではありますが短期集中、どんだけ食べて飲むんや?の
かなり充実したグルメツアーとなった次第です。



*****
リオハやサンセバスチャンへのご旅行、スペイン各地のワイナリー巡りのご計画なども
ぜひJTBスペインにお問い合わせください!!!

(バルセロナ/A)

0 件のコメント:

コメントを投稿