2013年6月24日月曜日

マンチェスター・リヴァプール・チェスター

何かと天気の悪さで評判のイングランドの中で、更に天気の悪い北西部イングランド。それでも夏は過ごし易く、観光には最適です。そんなわけで今回はそちらの代表的なマンチェスター・リヴァプール・チェスターを紹介します。
マンチェスター
オールド・トラフォード
マンチェスターといえばマンチェスターユナイテッド。某日本人選手の活躍により、イングランドの国民的チームが日本で取り上げられることが増えました。試合のない日はスタジアムツアーが行われております。


入口に聳えるのはこの5月まで27年間監督を務めたサー・アレックス・ファーガソン。

スタジアムツアーでは、選手のロッカールーム、記者会見場、そして選手入場口等、普段の試合では行けない場所まで見る事が出来ます。

ツアーの最後は、メガストアと呼ばれるオフィシャルショップになります。
日本人客の増加により、クラブでは日本人ガイドを2人雇っており、日本語でのガイドを行っております.
弊社にて取り扱いのあるトーマスクックスポーツツアーの観戦パッケージでは、試合日の前後日にスタジアムツアーに参加出来ます。
科学産業博物館
マンチェスターと言えば、世界最初の産業革命の中心として有名ですが、その遺産を紹介するのが科学産業博物館(MOSI)
合計5棟ある建物には、実物の蒸気機関車・航空機や紡績機等が所狭しと展示されてます。
  
             

イギリスの公共博物館の例に漏れず、入場料は無料です。
リヴァプール
マンチェスターと並ぶ北西部の雄リヴァプールと言えばビートルズ(と思いつかない若い方も多いでしょうが)とフットボール。もっとも観光客の一番のお目当ては、嘗ての倉庫街がおしゃれなレストランや美術館の並ぶエリアへ変貌したアルバートドック。

テート・リヴァプール
イギリス近現代美術の収集として有名なテートのリヴァプール分館。北部イングランドの作品を中心に展示。

ビートルズ・ストーリー
やはり外せないのが、ビートルズの歩みと音楽を紹介したビートルズ・ストーリー。尚、アルバートドックからは、ペニーレインやストロベリーフィールド等市内ビートルズ縁の場所を訪れるマジカルミステリーツアーが催行されています。


アンフィールド
郊外にあるのが、マンチェスター・ユナイテッドと並ぶ名門リヴァプールFCの本拠地アンフィールド。

スタジアムは収容4万5千人とややこぶりですが、それだけに迫力は満点。イングランド随一の熱狂的ファンの応援を御楽しみ下さい。

こちらもトーマスクックツアーにて取り扱いがございます。
チェスター
マンチェスターとリヴァプールの間に位置するのが、ローマ時代から存在する最古の都市の一つチェスター。
周囲3キロの城壁に囲まれた市内のシンボルは、ノルマン時代以降1000年以上の歴史を誇る大聖堂。
 



 

ロンドン在住の方にはデパート“リバティー”にてお馴染みかもしれないチューダー式の建物が所狭しと並んでいます。

ロンドンから北西部までは列車で2時間強と、日帰りも可能な距離ですが、週末利用のご旅行でも十分に御楽しみいただけます。大陸からはロンドン以外では最大のマンチェスター空港へのフライトをご利用下さい。
(ロンドン支店 H)

0 件のコメント:

コメントを投稿