2013年10月1日火曜日

冬の旅行案 ~マルタ~

南スペインの方では未だに夏のような気温のようですが、ほとんどの都市では既に
寒さが身にしみる季節になってきたのではないでしょうか?
暖かさが恋しくなるこの季節、少しでも南に行きたいと思われるのではないでしょうか?
そこで、今回のブログでは数年前の話になりますが、12月初旬に行ったマルタ島を
ご紹介します。

「地中海のおへそ」とも呼ばれるマルタ島はシチリアの更に南に位置します。
夏にはコミノ島と呼ばれる小さな島のブルーラグーンなど、コバルトブルーの海で海水浴が
楽しめますが、冬はさすがに泳ぐことはできません。

プールのような海
夏は観光客で賑わいます

 しかし、夏は海水浴で終わってしまうマルタ島も、冬であれば興味深い観光地を訪れることが
できます。冬の旅行をどこにしようか、と考えられている方は是非ご参考ください。

12月初旬ですが、プラハから来ると青空と暖かい気温が気持ちよく、どんよりとしていた気持ちが一気に「晴れ」ます。そしてマルタ島のリゾート地セント・ジュリアンへ移動します。


かつては漁村であったセント・ジュリアンも、いまでは高級ホテルやレストラン、バー・クラブが
建ち並ぶ、観光客に人気のリゾート地です。

ホテルの入り口
部屋からの眺め
夕暮れ時
場所がらイタリアンが多い
海の幸が豊富
マドンナやブラッド・ピットも来たとか。。

マルタ島は先史からの神殿をはじめ、テプル騎士修道会の遺産を継いだ有名なマルタ騎士修道会など歴史にあふれる場所でもあります。
個人的には初期キリスト教関係に興味あり、聖パウロと聖アガサゆかりのラバト(島のほぼ中心)に行きました。
伝説によれば、時は西暦60年の頃、ローマへ連行される途中に難破した聖パウロが隠れていたという洞窟があり、今ではその上に聖パウロ教会が建っています。

聖パウロが隠れていた洞窟
聖パウロ教会
洞窟へ続く階段
同じくローマによるキリスト教迫害にときに、殉教したアガサが隠れていた地下墓地のある
聖アガサ礼拝堂も徒歩圏内です。
静かな礼拝堂の中庭
なんとなくローマにいるような風景
聖アガサ礼拝堂へ
 因みに聖人はみな特徴になる持物があり、それでどの聖人かを見分けます。聖バルボラは塔、聖カテリーナ(キャサリン)は剣と車輪、聖アポロニアはペンチ、聖セバスチャンは矢などなど。全てその聖人の伝説によるものですが、大抵は拷問を受けたときの道具になります。
殉教の際に聖アガサは乳房を切り落とされる拷問にあっているので、彼女の聖持物はお皿に
のった乳房です。礼拝堂には胸のない聖アガサ像がありました。
ヨーロッパを観光する際、教会の像や美術館の絵画は聖人をモチーフにした作品がほとんどです。乳房をもった女性がいたら、それは聖アガサですので探してみてください。


マルタ島にはカプリ島と同じような青の洞門(カプリは洞窟ですが)があります。
12月でも天気が良いので宝石のような青い海を楽しめます。

こんな小さな船になります
透き通った海
洞門がみえてきました

 マルタ島南部には昔ながらの漁村が残る静かな湾があります。マルサシュロクもそんな小さな村です。市場も立ち、ゆっくり散歩をしながら過ごします。
村の中心、教会前広場
北アフリカにいるような。。
南国の雰囲気

 マルサシュロクからはマルタ島独特の黄色いバスに乗って、首都ヴァレッタに移動します。
マルタ島内はバスでの移動になりますが、全ての路線はヴァレッタからでています。

レトロなバス
ヴァレッタのバスターミナル












ヴァレッタの町は小路が碁盤の目のように走り、そこにマルタ騎士修道会ゆかりの教会などが
建っています。それほど大きな町ではないので、気の向くまま・足の向くままに散策を
楽しめます。
ヴァレッタの路地
騎士団長の宮殿中庭
ちょっとした広場にでたと思ったら。。
広場を進むとバルコニーがありました
対岸の町スリーシティーズ、聖アンジェロ砦












ヴァレッタからセント・ジュリアンに戻る途中、美しい遊歩道が続くスリーマという町があるので
ここで下車し、夕方のマルタ島を海沿いに散歩。
12月で外のベンチで読書!プラハでは。。
遊覧船もここから出港しています

日が傾いてきましたが、遊覧船を勧誘するハンガリー人女性に負け(ハンガリー人だから?)
ヴァレッタ周辺を巡るクルーズに乗船です。
ヴァレッタは2つのハーバー(湾)に囲まれた立地にあり、東の対岸がスリーシティーズ、
西の対岸がスリーマになります。よって、スリーマを出港した船は、ヴァレッタの先端を迂回して
スリーシティーズ側へ行きます。

 スリーシティーズの北にあるカルカーラには第一次世界大戦で犠牲になった日本海軍(巡洋艦「榊」)の慰霊碑があるのですが、さすがに海からは見れませんでした。


マルタを出発する前に再度セント・ジュリアンを歩いてみると、高級マンションの建物から下に行ける階段を発見。下はヨットハーバーになっていました。
階段の途中には日本食レストラン
ヒルトンがみえます











冬のマルタ島いかがでしょうか?南欧に滞在の方にはあまり魅力がないかもしれませんが、
気温0度前後の中欧・北欧からですと、20度のマルタはまさに南国でしょう。
ウェスティン、ヒルトン、コリンティアといった4~5★リゾートホテルも冬であればお手頃です。
暗く寒い冬に嫌気がさしたら、是非、マルタ島へ!

※JTB Europeではホテル・送迎・現地オプショナルツアーなどの手配が可能です。
ご興味のある方は、まずはお問い合わせください。

               (それでもやっぱり夏のマルタに行きたい プラハ支店 SS)


0 件のコメント:

コメントを投稿