2014年4月28日月曜日

ジェンツァーノのインフィオラータ

今年はローマにも春がなかなかやって来ない感じで、暖かくなったと思ったら、急に寒くなったりして、春や夏の季節が非常に待ち遠しい年です。

ローマ近郊でバスで1時間くらいの所にあるジェンツァーノという小さな街では、毎年6月にインフィオラータというお祭りが開かれます。そのお祭りでは、春から初夏に咲き誇る花の花びらを集めて、花びらで小さな街のメイン通りに素晴らしい絵が描かれます。毎年大体素晴らしい天気に恵まれます。


毎年土曜日からお祭りが始まり、月曜日に終ります。今年は6月21日~23日だそうです。
実際には金曜日の朝から一枚一枚の花びらを丁寧に並べながら絵が描かれていきます。
土曜日の午後からはファッションショー等のイベントが開かれ、日曜日のお昼には花びらの絵が完成し、来賓の挨拶などが行われた後、コンサート、宗教的行事が行われます。

現ローマ法王と引退したローマ法王が抱き合うシーンを描いたもの。


ジュゼッペ・ヴェルディを描いたもの。



お祭りの終わりの月曜日の夕方には昔ながらの民族衣装のショーなどが行われ、19時頃ジェンツァーノの子供達が綺麗に描かれた花びらの絵を壊しにかかります。
そして、町の老人達はいくつかの花びらを拾い、押し花等にして思い出として残すのだそうです。


初夏の香りを感じるイタリアらしい行事です。また、ジェンツァーノ等ローマの近郊の街では、”フラスケッタ”と呼ばれる昔ワインの倉等に使っていた場所で、生ハムやサラミ、チーズ、自家製ワインなどを日本の居酒屋感覚で味わえるところがたくさんあります。これがまた安くてとっても美味しいのです。

本格的な夏が始まる前、ローマから一足延ばしてインフィオラータで素晴らしい花びらの芸術作品を堪能し、初夏の香りを感じた後は、とってもカジュアルな”フラスケッタ”でお腹も一杯にするというのも悪くないです。”フラスケッタ”はもちろん夜も遅くまで営業しているので、ローマの人たちは、夏になると夕涼みがてら「今日フラスケッタ行く?」っていう感じにお友達を誘う人も多いのです。

ローマ支店 Y

0 件のコメント:

コメントを投稿