2012年1月23日月曜日

マドリッドの市場

最近、マドリードでは、おしゃれな居酒屋風フードコートに改造された市場が流行っています。その中でも人気の2店をご紹介します!

1 Mercado San Anton(メルカード・サン・アントン)
入口はいってすぐにある看板


地下鉄5番のChueca駅のすぐそば。20115月に新装オープンしました。
地上階がスーパーマーケット、1階(日本式の2階)が市場とBodega(酒屋)。エスカレーターを上がって2階がデリカテッセン10店が集まったおしゃれな高級フードコート。
各自好きなお店で飲み物と料理を買って、吹き抜けを囲むように並んだテーブルで立ったまま、また、運良く椅子が空けば、座って食事できます。(回転が速いので、大人数でなければ座れます) 
定番のタパスだけでなく、イタリア料理、ギリシャ料理、さらに寿司のお店などももあります。新鮮な牡蠣を1(2,5ユーロから)とスパークリングワイン、パエリヤ1(8ユーロ)、一口サイズのハンバーガー(3ユーロ)など、お腹の空き具合に合わせて好きなものを好きなだけ買って食べれるので、小食の方も大丈夫!もちろんデザートのお店もあります。料金は、ちょっと高めですが、いろいろな料理が楽しめます



シーフードのコーナー 白ワインやスパークリングワインもあります

左側の吹き抜けを囲むようにバーテーブルと椅子が並んでいます


2階からレストラン部分を見上げたところ


3階はユニークなレストランとして話題の“Cocina de San Anton”。このレストランでは、各自が1階で購入した食材を、レストランで食べるというクッキング・サービスがあります。素材代+クッキング費用(一人約4.5ユーロが基本)がかかり、これに付け合せの野菜を注文すると1ユーロが追加されます。(ただしこのクッキングサービスは市場が閉まっている時にはご利用になれません。市場の食品を調理してもらうには予約が必要です:電話91-330-02-94)



営業時間: 市場 月~土の10時~22
      デリとレストランは毎日10時~24(クッキングサービスは月~土のみ)
URL http://www.mercadosananton.com/(スペイン語のみ)


2 Mercado San Miguel(メルカード・サン・ミゲル)
外側はガラス張り 中の様子がよく見えます

マドリード観光の名所にひとつ、マヨール広場。そのすぐ横にメルカード サン ミゲルがあります。マヨール広場から、サンミゲル広場側の出口を出ると、すぐにこのガラス張りの建物と、一番近いコーナーにある色とりどりの果物を並べたお店が目に飛び込んできます。


シーフードのお店 エビ、たこ、カニ・・・・



場内はあまり広くありませんが、一面ガラス張りの壁のすぐ内側をぐるっと取り囲むように、各種食材のお店が並んでいます。


市場の真ん中のフードコート部分

中央部分には小さなテーブルと椅子が置かれていて、小さな屋台もいくつかあります。こちらはサン アントンよりもさらに種類が豊富で、どれを食べるか、目移りして困ってしまいます。


一口サイズのサンドイッチも豊富

基本は市場なので、一口大のパイ(ほうれん草のパイとかツナのパイ、ハムのパイなど)をひとつ、コロッケ(チーズのコロッケ、かにのコロッケなど)ひとつ、ロシア産キャビアがちょっぴり乗ったミニタルトひとつなど、少量でも購入できます。 






屋台もあります

 フィンガーフードが多いので、買ったものをつまみ食いしながら、飲み物を物色し、一通りそろったら座って食べる、という感じでしょうか。パエリヤ一皿8ユーロ、肉屋さんがその場で焼いてくれるミニステーキ3種類15ユーロ、生ハムのミニサンドなど、がっつり食べたい人でも問題ありません。ケーキ屋さんもあるので、朝ならチューロス(揚げパン)とココア、おやつにコーヒーとケーキ、フローズンヨーグルトやフルーツジュースなど、デザート類も充実しています。



生ハムを頼むと切ってくれます。最低50gから



2切れぐらい食べちゃいましたが、
50gでこれぐらい


 

 









 この市場は毎日営業していて、朝は11時から(全部の店に品物が出揃うのは12時ごろ)夜は真夜中まで(木・金・土は深夜2時まで)開いています(一部早めに店じまいするお店もありますが)。スペインの夕食時間まで待てない人、夜ちょっと小腹が空いて何かつまんで美味しいワインが一杯飲みたい人、観光に疲れて一杯コーヒーを飲みたい人、どなたでも気軽に美味しくスペインの“うまいもの”が食べられます!ぜひ立ち寄ってみて下さい。


URL http://www.mercadodesanmiguel.es/(スペイン語のみ)



また、この市場から始まるCava de San Miguelという通りには、昔ながらのタパスのお店が立ち並んでいます。
入り口の看板
ッとシがあやしい日本語でも書いてあります
 
これが名物料理












中にはトルティーヤ(スペイン風オムレツ)専門店、マッシュルーム専門店(といってもマッシュルーム料理いろいろではなくて、マッシュルームのタパス1種類だけですが)などもあります。マッシュルームとサングリアを注文して、バーで立ち食いしていると、日本の餃子専門店でビールと餃子1枚注文した気分になりました。ここでは、バーでちゃっちゃと食べて、皿が空いたら次の店に移動して下さい。



☆☆おまけ☆☆
20109月に生まれたマドリード動物園の双子のパンダ、PoDedeは、元気にすくすくと育っています。やんちゃぶりを発揮してお母さんにじゃれたり、お互いに取っ組み合いしたり。1歳半ですが、まだまだ子供で、大きさはお母さんの1/3ぐらいにしかなりません。小さくて可愛いうちに、会いに行ってあげてください。




URL http:// www.zoomadrid.com/(スペイン語のみ)

(パンだんご)


0 件のコメント:

コメントを投稿