2014年8月25日月曜日

フランス・アルプスで過ごす夏休み-プラロニャン ラ バノアーズ

こんにちは、パリ支店です。

夏のバカンスシーズンもそろそろ終わる頃ですが、山で過ごすバカンスのアクティビティーをご紹介します。

フランス・アルプスの町 プラロニャン ラ バノアーズは国立公園に囲まれた標高1410mにある町です。

トレッキングコースには、目的地と所要時間が分りやすく表示された案内があります。


もっともポピュラーなコースはラック ド バッシュ(牛の水飲み場)は2318mに位置します。

途中は意外と歩きやすく、子どもからお年寄りまで歩いています。

国立公園の中は動植物が保護されていて、野生のマルモットにも出会えます。
運がよければ、アイベックスや、シャモアなども見られるそうです。

ロープウェイで2000mの展望台まで一気に上れます。

人気のスポーツ ビア フェラータ(岩登り)で滝を登っていきます。



子どもには乗馬も人気です。


レッスンの後、散歩します。


アクロブランシュは自然の岩や木を生かし、木から木へ渡って行くアクティビティ-です。
安全装具を身に付け、レクチャーをうけてから、挑戦します。 
大人用コースと子供用コースがあります。

縄のつり橋を渡り空中基地へ。



チロリアンは張ってあるロープに器具をつけて滑りおります。

大人用は400m、子供用でも200mでかなりの迫力です。

避難小屋をかねたレストランで一休み


アパ-トのプライベ-トプールで泳ぐのも忘れません。

大人も子供も十分楽しめる山のバカンスを、是非お試しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿